紗奈のJazz/World Music 紹介ブログ

好きなミュージシャンのCDや音源などを紹介します

「愛、ここに眠る」 David Byrne & Fatboy Slim

『Here Lies Love』は、元トーキング・ヘッズデヴィッド・バーンFatboy Slimと作成したイメルダ・マルコス元フィリピン大統領夫人の生涯にスポットをあてたコンセプトアルバム


イメルダ・マルコスがディスコやクラブ好きだったというエピソードからバーンが構想を得て構想5年(!)もかけて作られたようです
Fatboy Slimノーマン・クックとは普段から知り合いみたいで、「ちょっと参加する?」みたいな軽いノリで誘ってみたみたいですね

 

タイトル曲『Here Lies Love』

このアルバムのタイトル曲(『Here Lies Love』)は『マンマ・ミーア!』みたいな70年代ディスコ風ですけど、他の曲は女性ヴォーカルメインのポップアルバムになっていますね

彼女の絢爛豪華な社交界の生活や為政者の悲哀など、彼女の波乱万丈の人生のようにカラフルで情感豊かな曲が並びます
(突然バーン自身が歌う曲なんかが出てきて「???」となったりもするのですが)


あとこのアルバムの曲は何度か舞台でも上演されたようですね。雰囲気がちょっとマドンナの「エビータ」っぽいかも

 

将来のフィリピン大統領候補 マニー・パッキャオ 

フィリピンと言えば話は変わりますが、ボクサーのマニー・パッキャオはいつか大統領になれるんでしょうかね?
リベリアではサッカーのジョージ・ウェアが実際に大統領になっていますし、やっぱりスポーツ選手の人気って絶大です。あともともとお金持ちでもあるのでクリーンなイメージもあるのかも

 

あなたの知らないデヴィ夫人

またまた話は変わって、、
デヴィ夫人は今でこそテレビタレントでああいう感じの方ですけど、かつては(いまでも?)東南アジア社交界ではセレブらしいです

 

自分のブログで

「私は、明日からフィリピン元大統領夫人の イメルダ マルコスの80歳のお誕生日パーティに招かれて、明日、フジTV 「ど~も ☆ キニナル!」 の生番組の後、マニラに向け出発いたします」

出典:デヴィの独り言 独断と偏見 / イメルダ マルコス元大統領夫人の80歳のバースディ

と書かれていました。なんともスケールでかいですね!

 

ロバート・ホワイティング著『東京アンダーグラウンド』に、スカルノ大統領に夫人が見初められるあたりのエピソードが少しでてきます

インドネシアは世界有数の産油国で、当時は日本はかなりの石油を輸出していました。あと確か鉄鉱石?とか資源をインドネシアにかなり依存していたんですね。
逆に日本も多額のODAインドネシアに払っていて、、まぁケタ違いのお金が両国の間で動いていたみたいです

そういった巨額の(しかも政府がらみの)お金が動くと裏取引も当然あって、そういうやりとりを当のスカルノ大統領を日本に呼んで接待していたわけです。
その時に使っていた「コパカパーナ」という超高級クラブで当時デヴィ夫人は働いていてそこでスカルノ大統領と出会った、と

デヴィ夫人はそういうかなりヤバめの裏社会を見てきた人みたいですが、そう思うと彼女の印象もちょっと変わりますね

 

今回デヴィ夫人のブログを初めて眺めてみたのですけど、最近はほとんど本人が書いている文章はなさそうですね。ほとんど活動紹介のみです

プライバシーポリシー お問い合わせ